2024年 読書記録 | Design Studio 有限会社シアン

有限会社シアン

BLOG

2024年 読書記録

●ダリア・ミッチェル博士の発見と異変 世界から数十億人が消えた日/キース・トーマス 【1月4日】
2024年はここから。ドキュメンタリーっぽく構成されたSF、面白かった。「参考文献」まで付記されているのが秀逸。裏焼きみたいな表紙も好きだ。

●思考する言語(下) 「ことばの意味」から人間性に迫る/スティーブン・ピンカー 【1月8日】
●私たちはいつから「孤独」になったのか/フェイ・バウンド・アルバーティ 【1月25日】
昨秋からちまちま読んでた「思考する言語」上中下ようやく読了。下巻は特に、言語が思考に与える影響というより、人の思考がどう言語に反映して行ったか、という話で期待した理論のベクトルが逆だった。
「孤独」本の方が、予想外に、言葉によって「孤独」という感情が生まれてきた背景が解説されていて興味深い。「感情は語られることにより初めて存在するようになる。」

●椰子・椰子/川上 弘美 【1月20日】

●ピュウ/キャサリン・レイシー 【1月28日】

topへ